読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

あなたは"騙す側"?『スケア・キャンペーン』を体験せよ

f:id:itakoLOVEzombie:20170115165930j:image

 こんにちは、どくどく(@itakoLOVEzombie)です。正月ボケでサボってましたが、イチオシ映画が現れましたので、大慌てで更新します!

 今回オススメしたいのは、『スケア・キャンペーン』というホラー映画。毎年行われている「未体験ゾーンの映画たち」という企画で限定上映されています。少ない事前情報のなか、期待と不安が半々で見に行ったのですが、ヒネリの効いた脚本と手堅い作りで面白かったです

 

◆オージー産 形勢逆転ホラー『スケア・キャンペーン』

超常現象や幽霊のドッキリを仕掛け、その様子を隠しカメラで撮影して人気を博してきたTV番組「スケア・キャンペーン」。しかし、無料動画サイトに投稿される過激な映像により、最近の視聴率は停滞。新作の撮影を終えたばかりの番組クルーは、さらにもう1本、このネット動画に勝る作品を撮るよう要求される。

イケイケなチームリーダーを筆頭に、「最高の作品を作る」と息巻いて準備に取り掛かるクルーたち。郊外の廃墟となった精神病院へうまくターゲットを誘い込み、いざ驚かすぞ!というその時……!!

オーストラリアで製作された本作、あらすじと予告編を見ておいた方がより楽しめること請け合いです。

 というワケで、まずは予告編をご覧ください。

www.youtube.com

 

◆信頼のビジュアルセンスにサムズアップ

作中での登場はわずかなのですが、残酷動画投稿集団「マスクド・フリークス」のメンバーが被ってるマスクがカッコイイ!予告編にも登場するリーダー格の被っているマスクは『ロード・オブ・ザ・リングに出てきそうな"悪の甲冑"風ですし、その他メンバーはピエロだったりスケアクロウだったり、ノーラン版バットマンが好きな中2男子が作ったような"いかにも"感がたまらないです。

しかも、撮影用のハンディカムにナイフくっつけてるんですよ。もう使い勝手とか絶対悪いだろうに、中2的センスが溢れてるんです。最高かよ。 

予告でも垣間見えるゴア描写については、これはね……あまり期待しないでください。シーンとしてみると分量が少なすぎますし、直接的な描写は避け気味です。そのおかげでそういったシーンが苦手な人でも楽しめる作品になっています。ただし、分量はわずかでも手抜きは一切していません。そのテのゴア描写が好きな諸兄が思わずガッツポーズするであろうシーンがあることをお知らせしておきます。

ビジュアル面でいえば、メインで登場する女性2人にも注目です。毎回ターゲットの誘導を担当するエマ役にミーガン・ワーナー。オーディションで幽霊役を得た若手女優アビー役にオリヴィア・デヨング。特にエマが新人アビー相手に見せる先輩の顔というか、自虐的おばちゃん感がたまらないですね。ミーガン・ワーナーはまだ20代で全然若いんですけど。女優のチョイスに関しては、監督とガッチリ握手したいくらい。

 

 

◆ストーリーが"スイッチング"する快感に溺れよ

 「殺るか殺られるか」なストーリーは単純なのですが、その構図が明確に切り替わる瞬間があります。そのタイミングの良さといいスピード感といい、なんとも絶妙で見ていて快感なんですよ。頭カラッポで見ていればビックリすること間違いないですし、先の展開を予想して見ていると、切り変わりの匙加減が心地いいと思います。わずか80分の作品ですが、濃密な展開と絶妙なスイッチングの応酬によって、いい意味で長く感じると思います。

テレビVSネット動画、という現代的なテーマを取り扱っているのも非常に好感です。だからといって、別に高尚なメッセージ性のある映画ではないのですが(笑)これが、おっさんVS若者、演出された映像作品VSただ過激なスナッフ動画など様々な対立構造を呼んでおり、大げさかもしれないけれど、時代を切り取ったような作品になっていると感じました。コメディ的な側面もありますし、とても多角的に楽しめるホラー映画です。

 

◆都内での上映回数は残りわずか!劇場へ急げ!!

 とにかく見て欲しい、そして多くの人と語りたい作品なので、猛プッシュさせていただきました。ここらでネタバレ交えつつ感想を……と思いましたが、劇場上映が落ち着くまで控えます!ヒューマントラストシネマ渋谷での上映は本日時点であと4回、しかもあろうことか、すべて平日なのです。条件は厳し目ですが、貴重な機会を逃さないよう是非!

なお、大阪のシネ・リーブル梅田では1/28(土)より上映。さらに動画ポータルサイト「青山シアター」でも配信予定とのことですので、そちらもチェックしてみてください。

 「未体験ゾーンの映画たち2017」もまだまだ期待作が盛りだくさんなので、しばらくは渋谷通いが続きそうです。